総計: 309912  今日: 35  昨日: 76       Home Search SiteMap
世界平和連合 公式ページ
バックナンバー
世界平和連合入会
憲法
教育
青少年・家庭
文化共産主義
外交・安保
資源・環境
国内
国際
リンク
世界思想
 スパイ防止法の概略 
 天皇制 
 スパイ防止法 
 世界平和連合
2014年運動方針
世界平和連合入会
fwpMember
サイト内検索

各種お問合せ

  07-06-15 スパイ防止法4
 

【連載】スパイ防止法4

中国の軍事スパイ徘徊

「ハニートラップ」仕掛ける

 

中国のスパイ工作が激化しています。その狙いは、軍事情報や最先端技術の入手と政界や官界などの各界各層に対する親中工作の二点です。冷戦期とは様相が変わってきました。

中国によるスパイ事件が冷戦期に摘発されたのは旧ソ連や北朝鮮ほど多くありません。主な事件は▽1976年に香港系中国人が産業技術を不正取得して逮捕▽78年に電電公社研究所係長が「電子航法」などの秘密資料を友好商社から中国に売って逮捕▽87年に中国情報ブローカーが在日米軍横田基地の米空軍情報を中国とソ連に流して逮捕―の3件です。

だからと言って対日工作が不活発だったわけではありません。思想・心理・宣伝工作に重点を置いてきたのです。

とりわけ1970年代前半までは親中勢力作りに腐心し、日本共産党や社会党を親中化するだけでなく、自民党や外務省など政界・官界工作にも力を注ぎました。親中過激派や朝日新聞などの親中メディア、自民党内の親中勢力が形成されたのは中国の対日工作の成果と言えます。

これは中国共産党中央対外連絡部が担当しました。その結果、72年に中華民国(台湾)断交・日中国交樹立、78年に日中条約締結が実現したと言えます。

 

■イージス艦や潜水艦を狙う

こうした工作は今も公然と続けられていますが、冷戦後はこれに加えて人民解放軍のスパイ工作が活発化してきました。

まず自衛隊工作です。今年1月、神奈川県警が海上自衛隊第1護衛隊群(神奈川県横須賀市)の護衛艦「しらね」(イージス艦)乗組員の二等海曹(33)の中国籍の妻(33)を入管難民法違反容疑(不法残留)で逮捕し自宅を家宅捜索したところ、イージス艦の迎撃システムなど機密情報に関する約8百頁に及ぶファイルが発見されました。現在も捜査中です。

問題は二曹の中国人妻で、彼女は男性を誘惑して情報を入手するスパイ活動「ハニートラップ」を仕掛けていた疑いが濃厚です(産経新聞4月7日付)。福建省出身の妻は不法入国した後、横浜の中華街で二曹に接近し昨年10月に結婚。入国管理局の担当官に「イージス艦情報はもらった」と豪語していると言います。

また昨夏、上対馬警備所の一等海曹(45)が周辺国の艦船や潜水艦の写真などを集めた海自の「識別参考資料」をCDへ不正コピーし自宅に持ち帰り8回にわたって上海に無断渡航していたとして処分されました。

一曹は上海で中国情報機関の“拠点”とされるカラオケ店に出入りし中国人女性と接触。カラオケ店は中国当局からスパイを強要され自殺した領事館員が通っていた同じ店で、ハニートラップと見て間違いありません。

この関連で事情聴取を受けていた佐世保基地の護衛艦勤務の一等海曹(42)は昨年八月に自殺、スパイ事件が海自全体に広がっています。

これだけではありません。警視庁公安部は今年2月、防衛庁(現防衛省)技術研究本部の元技官(64)を在職中に潜水艦資料を持ち出した窃盗容疑で書類送検しました。単なる窃盗事件ではなくスパイ事件です。

元技官は中国大使館の武官らと付き合いの深い貿易会社元社長の要求に応じて、「高張力鋼」と呼ばれる潜水艦の船体に使われる特殊鋼材や加工に関する技術報告書をコピーし無断で持ち出し、中国側に渡していました。

 

■最先端技術を企業から盗む

企業もターゲットにされています。ヤマハ発動機が軍事転用可能の無人ヘリを中国に不正輸出していたとして昨年1月、静岡、福岡両県警に摘発されました。中国への輸出先は中国人民解放軍直属の兵器メーカー「保利科技有限公司」(ポリテク社)です。

中国軍は台湾への軍事侵略を念頭にヤマハ発動機の無人ヘリを「敵地情報収集用」UAV(無人機)に転用、配備に躍起となっています。02年5月には中国国営新華社がヤマハ発動機の無人ヘリを基礎に中国の国産無人ヘリを研究開発し「科学研究面、軍事上で重要な価値がある」と報じており、軍事転用されているのは確実です。

この事件では中国人ブローカーが暗躍、その一人は中国共産党中央対外連絡部の関係者と見られています。

さらに今年3月、わが国最大手の自動車部品メーカー「デンソー」の中国人技師が製品図面を盗み出し横領容疑で逮捕されました。盗まれた情報は実に17万件。そのうち機密情報は約1700件、産業用ロボットやディーゼル噴射装置などデンソーの最高機密が280件もありました。

中国人技師は中国ではミサイル・ロケット開発を行なう人民解放軍直営の軍需工場に勤務。日本に留学しデンソーに入っており、軍事スパイなのは確実です。

軍のIT化を急ぐ中国はさらなる対日スパイ工作を仕掛けるでしょう。

クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 07-07-01 スパイ防止法5
 次のテキスト: 07-06-01 スパイ防止法3
 思想教育
勝共思想
ポストマルクス主義
 特集
北朝鮮
拉致事件
中国
スパイ防止法

スパイ防止法を制定しよう!

Copyright (C) 2006 Federation World Peace All rights reserved.