総計: 501416  今日: 43  昨日: 211       Home Search SiteMap
世界平和連合 公式ページ
バックナンバー
世界平和連合入会
憲法
教育
青少年・家庭
文化共産主義
外交・安保
資源・環境
国内
国際
リンク
世界思想
 世界思想 
 世界平和連合
2014年運動方針
世界平和連合入会
fwpMember
サイト内検索

各種お問合せ

  09-9-15
 

日本赤軍の統一戦線党
反米・極左の社民党が
首相官邸に入ってくる
鳩山連立政権
まさに「革命政権」
政治液状化は必至

 

 

       

               

総選挙で民主党が大勝し、政権交代が実現することになった。民主党の最大の勝因は政権交代ブームに乗って自民党批判票を取り込んだもので、マニフェスト(政権公約)が評価されたわけでは決してない。驚くべきことに民主党は、参院で単独過半数を得ていないことから反米・極左の社民党にすり寄り「日米基軸」を揺るがす反米的な外交・安保政策を容認、連立政権を樹立する。さらに内閣に基本政策閣僚委員会を設置、社民党に政策介入の道を開いた。これによって鳩山新政権が左傾化する危険性が一層高まってきた。まさに「革命政権」である。日本は一大危機に立たされている


第45回総選挙は8月30日の投票の結果、民主党が308議席を獲得して圧勝した。自民党は119議席に落ち込み結党以来、初めて第一党の座を野党に譲り、鳩山新政権が樹立される。

ポピュリズム(大衆迎合政治)がここに極まったと言うほかない。民主党のマニフェストはついぞ精査されなかった。各論では反対も多かった。それでも日本中が「政権交代ええじゃないか」と乱舞し、その結果の政権交代である。それほど自民党が不甲斐なかったとも言える(2・3面・選挙分析参照


日本赤軍人脈が社民党に巣食う
社民党は言うまでもなく、旧社会党が党名変更しただけの党で、旧社会党そのものである。旧社会党の大半の議員は民主党に移ったが、反米・反安保・護憲・非武装中立の共産イデオロギーを捨てきれない土井たか子元党首らが社民党に残った。日本赤軍の地下組織「人民革命党」から「(社民党は)実態的には(大衆を革命勢力に結集する)統一戦線党である」
と定義され「その理念と国政への役割に対して、よりその力が発揮できるように工作していく」とされた革命党である。
社民党の「裏のドン」と言われた人物が秘書疑惑(02年3月)で辞任した土井氏の政策秘書、五島昌子氏だ。彼女は明治大学の学生時代から社会主義青年同盟(社青同)の活動家としてならした極左の一員で、六〇年代初めから社会党国会議員の秘書を歴任、土井元党首が国会議員になって以来の秘書で、土井氏と
「一卵性双生児」と称され、社民党の「女帝」として長く君臨してきた。

(以降は新聞を御覧ください)

クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 09-10-1
 次のテキスト: 09-8-15
 思想教育
勝共思想
ポストマルクス主義
 特集
北朝鮮
拉致事件
中国
スパイ防止法

スパイ防止法を制定しよう!

Copyright (C) 2006 Federation World Peace All rights reserved.